北九州共同受注センター設立

障害者就労施設での仕事に関する様々な課題を解決するために、北九州市の助成を受けて「北九州共同受注センター」が平成27年7月1日付けで設立されました。
官公需と市内の障害者就労施設を結びつけることで安定的で良質な仕事を確保し、施設で働く障害者がいきがいのある自立した社会生活を送れるようにすることを最終目的とし、具体的には利用者の工賃アップ、利用者の仕事に対するモチベーションアップを目指します。

【平成30年度事業目的】

仕事へのモチベーションや工賃アップに繋げていくためには、就労支援系障害者支援施設が仕事に対して様々な形での対応力を身につけていくことが重要です。一般市場の動きや就労形態の変化に合わせて、障害者支援施設が利用者の得意とするところを伸ばす支援、不得意なところを補助する支援を良きパートナーとして協力・支援・補助することにより、各障害者支援施設が安定的・継続的に利用者へ作業を供給し、利用者が生きがいのある自立した社会生活を送れるようにすることを本事業の目的としています。

①広報、営業活動拡大


参加施設の商品・役務データベースをもとに、障害者支援施設が単独では実施しにくい、営業活動や広報活動を行っています。
障害者支援施設で出来る仕事や素敵な商品はまだまだあります!
行政や企業に障害のある方々の働き方をもっと知って頂くため、実際に働いている姿の動画や製作している商品のカタログなどを作成しています。また、事務所横に商品の展示スペースを設置しており、販売も行っています。


②障害者支援施設力向上補助


仕事をする上で必要なビジネス作法や営業関連、商品製作や販売促進など専門講師を招いて勉強会を実施します。注文販売の強化を進め、ノベルティ(粗品)商品を販売促進するために、売れる商品の製作をサポート致します。また、障害者支援施設を相互間活用するため、登録している施設間での交流会や名刺交換会、事業説明会などを実施します。


③障害のある人達の「働く」についての企業への啓発活動・PRの拡大


就労支援系障害者支援施設での障害のある人達の働き方はあまり知られていません。就労支援系障害者施設で働く障害のある人達の工賃を向上させていくためには、施設の仕事を増やすことが重要です。そのため、新しい仕事を産み出す。仕事の幅を広げる。そして企業や一般の方々にもっと障害者支援施設と共に働くこと、利用方法やメリットなどを知ってもらう必要があります。啓発活動・PR方法について有効な手段を検討しつつ、実践していきます。